最先端エステのLED光フェイシャルとは

LED(発光ダイオード)というと最近はよく照明に使われていますよね。
エコで明るくて、いろいろな色があって、イルミネーションなどにも使用されてきれいなイメージをもたれると思います。

 

しかし、たくさんの色を出すことの出来るLEDは照明だけにとどまらず、さまざまな場面で使われているのです。

 

例えば、フェイシャルエステでLEDが使われていることをご存知ですか?
LEDのライトを顔に当てることで、そのライトのもつエネルギーや波長によって高い美容効果が得られるのです。

 

ライトを当ててケアをする方法として、他にもフォトフェイシャルというものも人気ですが、フォトフェイシャルではIPLというライトを使っています。
ライトの当て方も、フォトフェイシャルは機器を肌につけた状態でぱっと短いものを何度も当てるのですが、LEDフェイシャルは顔から離れた状態でじっくりと当てていきます。

 

また、もっとも大きな違いはフォトフェイシャルは一種類のライトを使用するのに対し、LEDフェイシャルのライトには数種類の色があります。
LEDの持つ、波長の長さを変えることでたくさんの色を発するという特徴を利用しているのです。

 

色が違うとどんな意味があるの?と疑問に思いますよね。
光は波長の長さによって色の見え方が変わり、お肌への浸透の深さや効果も異なります。
そのためひとりひとりに合った色を使って、悩み別の施術を行うことが出来るのです。

 

青い光は皮脂腺やアクネ菌に働きかけ、殺菌作用があるのでニキビに効果的です。
赤い光はお肌の奥の繊維芽細胞に働きかける為、コラーゲンの生成を促しお肌を修復してくれます。
副作用などのない安全な方法なので敏感肌の方でも安心して受けられます。